マシンピラティスとは?得られる効果やメリット・デメリットなどの基本情報を解説!

当サイトはマシンピラティスとはどのようなものなのか、得られる効果やメリットからデメリットまでの基本情報を解説しています。
名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどういった特徴のある運動方法なのか分からないという人にとっても理解しやすいサイトです。
器具を用いるピラティスを利用することの利点も解説しています。
さらに一般的な器具を使うピラティススタジオの月額料金はどれくらいなのかも説明しているサイトです。

マシンピラティスとは?得られる効果やメリット・デメリットなどの基本情報を解説!

マシンピラティスの基本情報を知りたいという人は多いのではないでしょうか。
マシンピラティスは器具を用いたピラティスのことで、器具を使って体を動かすことで柔軟性を高めたり体幹を鍛えたりすることができます。
気になるところを部分的に鍛えられるのがマシンピラティスのメリットです。
デメリットとしては、器具が必要なため気軽に自宅で行うことは難しいということが挙げられます。
スタジオに通って利用するのがおすすめです。

マシンピラティスとは?マットピラティスとの違いを知ろう!

最近ピラティスが非常に人気となってます。
おうち時間が多くなり、リモートワークで長時間自宅でパソコンに向き合っているので姿勢が猫背になったり、ストレートネックに悩まされている人も多いからです。
そうした体のゆがみや姿勢の悪さで慢性疾患の頭痛や腰痛、眼精疲労に陥っている人も珍しくありません。
そこでピラティスが体幹を鍛え、歪みや姿勢矯正になるとして人気になっているわけなんです。
それにな二種類主にあり、マットピラティスとマシンピラティスがあるのです。
マットピラティスはマットレス一枚あれば自宅でも屋外でも気軽にできるのですが、マシンピラティスの場合には専門の事務に通わなければいけない違いがあるんです。
通う必要があるためマシンピラティスは継続が難しいとも言われます。
その反面より強化に体幹を鍛えたり、ピンポイントで効果的に特定部分を鍛えるのに最適だともいわれてます。
いずれにしても継続して行うことが美ボディへの近道です。

マシンピラティスではどんな器具を使う?

マシンピラティスでは約600種類のエクササイズが可能ですが、使用する器具によって実施できるエクササイズは異なります。
マシンピラティスで使われる器具には、リフォーマー・キャデラック・バレル・ワンダチェアといった種類がありますが、最もメジャーなのがリフォーマーです。
リフォーマーは、リハビリ用のベッドを改良したマシンで、取り外し可能なスプリングが備わっています。
このスプリングで負荷を調整できるので、初心者や高齢者などは負荷を減らして、熟練者やアスリートなどは負荷を強くしてエクササイズできます。
キャデラックは、自動車のキャデラックのように様々な装備が備わっていることから命名されたマシンです。
負傷した兵士が寝た状態でもリハビリできるように開発されたマシンで、リフォーマーとは異なり左右を別々に鍛えることができるという特徴があります。
バレルは、樽(バレル)のような形状をしたマシンです。
カーブの部分を利用して背骨を伸ばしたり、バレルの上に足をのせて股関節やハムストリングをストレッチしたりすることができます。
ワンダチェアは、文字通りイス型のマシンで、腰掛けたり横になったりしながらエクササイズします。
コンパクトなマシンで、仰向けでのエクササイズが難しい方でもワンダチェアを使うことで座位で行うことが可能です。

マシンピラティスで得られる効果とは?

ピラティスはインナーマッスルを強化するエクササイズですが、マシンを使って行うプログラムもあります。
マシンピラティスの効果は、体の癖が分かりやすく、負荷を部分的にかけることができるため、細かく自分の体の癖などを理解して体を整えやすくするという効果が期待できます。
マットのピラティスだと自分の癖などがはっきり分かりにくく、自分を甘やかしてしまうというケースはよくあります。
しかし、マシンピラティスであれば自分の状態に合わせて負荷をかけることができるため、より効率的にトレーニングすることが可能です。
また、マシンはマットのものよりもインナーマッスルの強化や背骨が伸びるのを感じやすいとされています。
作用を実感することができれば、継続するのにも役立ちます。
姿勢が良くなることで身長を伸ばすことができるようになったり、体を引き締めてボディラインを整える、肩こりや腰痛なども改善し、体重を減らすことにもつながります。

マシンピラティスに向いているのはどんな人?

美容や健康に効果的だとして男性・女性ともに人気が高くなっている「ピラティス」ですが、初心者は体のインナーマッスルが十分に鍛えられていないためピラティスに必要となる正しいフォームを維持することが難しいといわれています。
そこで多くのトレーニングジムで導入されているのがマシンピラティスです。
マシンピラティスが向いている人とは、初心者であり、マット上で行なうトレーニングと同じフォームを正しい姿勢で行えるように専用マシンがサポートしてくれるので、自分の体に姿勢を身につけさせることができます。
またマシンピラティスは負荷調整も行えるので、力の弱い人はサポートとして利用したりアスリートの場合は負荷を多くすることで効果的にトレーニングを行なうことができるメリットがあります。
初心者はまずはマシンである程度体を鍛えることで、自宅でトレーニングを行う場合も綺麗な姿勢で効率よく体のインナーマッスルを鍛えることができるようになります。

マシンピラティスのレッスンスタジオを選ぶ際のポイント

マシンピラティスのレッスンスタジオを選ぶ際のポイントは、3つ以上のマシンピラティスを揃えていることです。
タワー にバレルやコアライン、他にもリフォーマーにチェアなどがあります。
スタジオの選び方として、これらのマシンは3つ以上あることを視野に入れて検討することです。
理由はマシンを使うと体の使い方もわかりやすいですから、初心者でも安心して取り組むことができます。
指導をしてくれるインストラクターの存在は大きなもの、高い技術力と知識があるかどうかも重要です。
国家資格所有者であるかどうか、複数のピラティスインストラクターを保有しているか、運動学や解剖学の知識もあるかも確認しておきます。
十分な生徒への指導権県があることも、教えてもらう側としてはかなり重要です。
あらゆる悩みを解消するために始める人は多い小野、猫背回線や肩こり解消にO脚をどうにかしたいなど、悩みは人それぞれ違います。
だからこそ体の歪みや姿勢に関して、また動きに関しても教えてくれるかも大事です。

マシンピラティス初心者はマンツーマンレッスンに対応したスタジオがおすすめ

マシンピラティス初心者はグループレッスンより、マンツーマンレッスンに対応したスタジオがおすすめです。
費用面ではグループレッスンよりも高い設定ですが、一人ひとりの要望に応じた、その人にピッタリのレッスンを受けることができます。
大人数を同時に教えるわけではありませんから、本人の思い込みやわからなかったクセも、その都度修正してもらうことができるので、誤ったやり方にはなりません。
正しいフォームでトレーニングができるため、圧倒的に効率も良くなります。
マットだけではなくマシンも自由に使用できるのも、効率的なトレーニングになる要素です。
女性の場合な妊娠や出産など、ライフステージが変わることがありますし、怪我をして回復の途中ということもあるかもしれませんそうしたときには無理は禁物、対応も柔軟にしてもらうことができます。
ダイナミックと言えるほど大きな動きではないものの、エクササイズは正確性に重きを置いて行うエクササイズがほとんど、マシンピラティスはマンツーマン指導が安心です。

マシンピラティススタジオの体験レッスンの内容とは?

美しい体型を手に入れるためにも、ボディメイクに適したトレーニングを始めたいという女性は増えていますが、中には運動が苦手である人も少なくありません。
そんな運動不足の人におすすめするのが「ピラティス」であり、プロのトレーナーの元で専用のマシンを利用してレッスンが受けられるマシンピラティススタジオに通い始める方が増えています。
一般的なマットピラティスとは異なり、マシンピラティスは専用機器を使用することで自身の身体の細かな部分を理解できることや、正しいポーズの取り方をマシンがサポートしてくれるので、筋肉量が少ない人でも無理なくトレーニングが行えます。
そんなマシンピラティススタジオでは、初めての方に向けて体験レッスンを用意しており、実際にレッスンメニューで取り入れているトレーニングをインストラクターが丁寧に指導しながら体験することができます。
また体験レッスンなので、スタジオの雰囲気やどのようなトレーニングが受けられるのか知る良いきっかけになりますし、費用もリーズナブルなのでスタジオ探しにぴったりとなっています。

マシンピラティスに取り組む際はどんな服装が理想?

体幹を鍛えて、正しい姿勢や骨盤改善、ダイエット効果が得られるとして人気が高くなっている「ピラティス」は、自宅でトレーニングする他にマシンピラティスなど専用機器を利用してトレーニングが受けられるジムも登場しています。
初心者をサポートしてくれる効果も高いことから、ピラティス初体験の人ほどマシンピラティスが向いているといわれていますが、実際にジムに通う時にどんな服装でいけばいいのかという声も少なくありません。
ピラティスをする時に向いている服は、決まった専用ウェアはなくTシャツやスウェットなど動きやすさを重視したものであれば問題はないです。
普段からウォーキングやランニングをする機会が多いなら、いつも着ている動きやすい服装であれば特に問題はありません。
ただしマシンピラティスは関節を曲げ伸ばしする動きが多くなるため、身につけるウェアは伸縮性のある生地を選ぶことが重要で、ファスナーやボタンなど装飾がついていないものを選ぶと動きを制限しません。
女性の場合はワイヤーやフックのある下着ではなく、スポーツタイプを活用しましょう。

マシンピラティススタジオに通うおすすめの頻度

専用のマシンを利用して、ピラティスに必要なポーズを正しく行えるようにサポートしてくれる「マシンピラティス」は、初心者こそ挑戦してみるトレーニングの1つだといわれています。
ただ自宅で行なうマットピラティスとは違い、専用の機器があるトレーニングジムに行かないとマシンピラティスを利用することができないので、毎日通うのは時間も金銭面的にも難しいと感じる方も多いようです。
マシンピラティスに通う頻度は、まずは週1ペースがおすすめです。
これはトレーニングに慣れていない初心者にとって、いきなり体に負荷のかかる運動は運動不足の人ほど筋肉痛になりやすいため、インナーマッスルを徐々に鍛えるためにもまずは週1回の頻度が適切です。
負荷のある運動でも筋肉痛が起こらなくなってきたなら、徐々にトレーニングの回数を増やしていき週2~3回は通えるようになることが理想です。
もしくは自宅で週2回マットピラティスを行い、週1回はマシンピラティスを受けるという方法もおすすめです。

マシンピラティスに関する情報サイト
ピラティスの特徴や利点

当サイトはマシンピラティスとはどのようなものなのか、得られる効果やメリットからデメリットまでの基本情報を解説しています。名前は聞いたことがあるけれど、具体的にどういった特徴のある運動方法なのか分からないという人にとっても理解しやすいサイトです。器具を用いるピラティスを利用することの利点も解説しています。さらに一般的な器具を使うピラティススタジオの月額料金はどれくらいなのかも説明しているサイトです。

Search